弊社の機械が開発された目的は、金属の打抜き、切断などで発生するバリを、自動的に処理出来ないか?という悩みから開発されたものです。しかし現在では、バリの処理だけを目的とした機械ではなく、製品の精密表面仕上げを目的としたバフ研磨機として、バリ取り、バフ研磨の複合機として機械の開発に取組んでいます。 バリ取りはもちろんのこと、自動車部品、精密機器部品を代表とする、精密な精度を要求する部品のバリ取り研磨を、全自動によりインライン工程で処理出来る機械を開発致しました。

弊社は、トータルバフ研磨機メーカーとして、自動投入機、バリ取り研磨機、洗浄乾燥機、自動搬出機、オートストッカーまでの一連のラインを、一貫生産し、ご提案出来るトータルメーカーとして確立されています。

当社独自の技術により、軸受チャッキング方式を開発しました。
当社の特許技術になります。

高速回転で回る研磨ホイールを、高精度に持続させ、
芯ブレを発生させない特殊チャッキング方式です。

当製品「バリタック」にもこの技術が生かされております。

BURRY TACK  V−R型(乾式)/  BURRY TACK  V−R−W型(湿式)

新製品動画配信中

本機は、自動車部品のクラッチプレート、セパレートプレート、 ギア類、トランスミッション内部品等のバリ取り、表面仕上げを行う バフ研磨・バリ取り機になります。 自動車部品の実例として、 AT、 MT部品の乾式、 湿式クラッチプレートの面粗さ出し、トランスミッション内の セパレートプレートのバリ取り等にご使用になれます。 また板金やプレス等で発生するバリ取りにも最適な機械です。 面粗さにおいても全方向からバフをあてるため、 縦・横方向の差異が少ない画期的な仕上がりを実現しました。

詳細説明

BURRY TACKV-CT型(乾式) / BURRY TACKV-CT-W型(湿式)

平面バリ取り機

本機は、独自の開発により、2本の研磨ホイールをそれぞれ独立した別駆動方式の機構により成り立っております。 各研磨ホイールは正回転、逆回転とそれぞれ別の回転で回わり、また同時に左右10mm間隔のオシュレーション運転を致します。 この機構からバリの取れる方向性がなくなり、どんな形状の物でも、まんべんなくバリを綺麗に除去することが出来ます。 本機には、ドライ加工で行う「乾式」と、水溶性研削液をかけながら加工を行う「湿式」の2機種、取り揃えております。 それぞれの特性を行かした上で機種の選択が行えます。

詳細説明

フラットプレート洗浄システム - 金属版洗浄機 -

金属板自動洗浄機

ト−バン工業株式会社が開発した、搬送ライン86cmのコンパクトサイズの洗浄機です。 従来機の3分の1以下のサイズで高速の洗浄・乾燥を可能にし、且つ工場でのライン化も可能にしたISO14000時代に対応する環境に配慮した画期的な洗浄システムです。 洗浄機は用途にあわせて、洗浄液に炭化水素を使用する炭化水素系ブラッシング洗浄のタイプと、温水を使用する温水式ブラッシング洗浄のタイプの2種類を用意しております。

詳細説明

バリタック-PB型

新製品動画配信中

バリタック-PB型

新製品のP−TBブラシ(特殊ペーパーブラシ)を搭載した 本機は、従来のバリ取り機では困難だった、 メッキ鋼板や保護シール材のバリ取りを実現しました。 二本のブラシはそれぞれ独立駆動方式を採用し、正回転及び 逆回転を任意に選択できる機構を持っています。また、 それぞれのブラシ回転速度をインバーターで制御することで、 仕上げを自由に調整できます。さらに、回転運動に加え 揺動運動のオシュレーション機構を持たせております。 この二種類の運動とP−TBブラシによりバリ取りはもちろんのこと、 ワークエッジ部の丸め加工には最適な機種です。

詳細説明

バリタック-SP型

バリタック-SP型

マシンニング加工後、旋盤加工後、プレス成型加工後等の段差のある箇所に発生したカエリバリを短時間に除去します。

機械加工後のワークのカエリバリの除去にお困りではありませんか? 現在バリ取り作業には2人以上が従事している場合、バリタック−SP型の導入により、必ず加工コストが低減致します。

詳細説明

BURRY TACKU-CT型(乾式) / BURRY TACKU-CT-W型(湿式)

バリタック-SP型

板金加工の工程で発生した、バリを主に対象とした機種になります。 ターレットパンチプレス、レーザー加工、プレス打抜、シャーリング、等で発生したバリを自動処理致します。 対象ワークは上下に設置された送りロールがしっかり銜え、「ずれる」、「飛ぶ」といったことのないように、確実に搬送されます。従って、大ワークなどは、ムラの無い綺麗なバリ取り研磨仕上げが可能になります。
V型同様に、ドライ加工で行う「乾式」と、水溶性研削液をかける「湿式」の2機種を取り揃えております。

詳細説明

BURRY TACKU-CT型(乾式) / BURRY TACKU-CT-W型(湿式)

新製品動画配信中

バリタック-SP型

溶接で発生する、ヒューム、高速切断機、グラインダーサンダー砥石及びブラシによる研磨作業中に発生する火の粉は、集塵機に重大な災害をもたらす危険があります。 本機は、これらの作業で発生しやすい集塵機火災の保護と、工場内の安全環境を考えて開発された装置です。

詳細説明

BURRY TACK VC-600型

バリタック-SP型
板厚: 0.5t〜25.0t
最大板幅: 600mm
板長さ: 60mm以上 無制限
送りスピード: 0〜8m/min
使用電力: 1.9kw
集塵機(乾式): 0.75kw
機械寸法(600型): W1450 x L950 x H1070 500kg

 

PCBバリタック U-WF型

バリタック-SP型
板厚: 0.124t〜3.2t
最大板幅: 610mm
板長さ: 135mm以上 無制限
送りスピード: 0〜8m/min
使用電力: 8.0kw
濾過装置: 1.2kw
機械寸法: W1490×L1640×H1210 1500kg

BURRY TACKT-CT型(乾式) / BURRY TACKT-CT-W型(湿式)

バリタック-SP型
板厚: 0.5t〜5.0t
最大板幅: 300,600,900mm
板長さ: 135mm以上 無制限
送りスピード: 0〜8m/min
使用電力: 1.8kw
集塵機(乾式): 0.75kw
濾過装置(湿式): 0.3kw
機械寸法(600型): W1360 x L840 x H1015 600kg