BURRY TACKV-CT型(乾式) / BURRY TACKV-CT-W型(湿式)

本機は、独自の開発により、2本の研磨ホイールをそれぞれ
独立した別駆動方式の機構により成り立っております。
各研磨ホイールは正回転、逆回転とそれぞれ別の回転で回わり、
また同時に左右10mm間隔のオシュレーション運転を致します。
この機構からバリの取れる方向性がなくなり、どんな形状の物でも、
まんべんなくバリを綺麗に除去することが出来ます。
本機には、ドライ加工で行う「乾式」と、水溶性研削液をかけながら
加工を行う「湿式」の2機種、取り揃えております。
それぞれの特性を行かした上で機種の選択が行えます。

輸送部

輸送部

搬送部はベルト搬送式を採用しております。ベルトコンベアーの 上にワークを乗せて搬送させます。本機のワークチャッキング 機構には、電磁マグネットを採用しております。 強力なマグネットにより、高速で回転する研磨ホイールに 飛ばされることなくしっかりとチャッキングされながら 搬送されます。ワーク片面のバリ取りに対して研磨ホイールは 2本設置されておりますので、高く立ち上がったバリも研磨 ホイールの強い加圧によってワークがずれたり、飛んだりする ことなく、安定したバリ取りが行なえます。

構造仕様図

乾式型・湿式型構造仕様図(拡大)は、上記画像をクリックしてください。

仕様

板厚 :0.5t〜5.0t
最大板幅 :300,600,900mm
板長さ(最小〜最大) :鉄10mm以上〜無制限 (非鉄60mm以上無制限)
送りスピード :0〜8m/min
使用電力 :3.5kw
集塵機(乾式) :0.75kw
濾過装置(湿式) :0.3kw
機械寸法(300型) :W1185 x L1320 x H1150 1050kg

オプション

乾式タイプには、通常、集塵機がオプションで付きます。それに対して湿式タイプは研削液を濾過する必要があるため、濾過装置が付きます。また、それぞれに脱磁器を搭載することができます。

集塵機

電源 :3相200V
出力 :0.75kw 1.5kw 2.2kw
口径 :φ125 (0.75, 1.5kw) φ150 (2.2kw)
風量 :0.75 = 12m3/min 1.5 = 25m3/min
(50Hz) :2.2 = 40m3/min

濾過装置

電源 :3相200V
出力 :0.3kw
ポンプ :100W x 2台
一次処理 :マグネットセパレーター
二次処理 :ろ布フィルター (5μ, 10μ, 20μ, 50μ)